鍛鉄(ロートアイアン)とは

鍛鉄(ロートアイアン)って何?


鍛鉄(タンテツ)とは英語でロートアイアンと呼ばれる金工技法の一つです。
古くからヨーロッパなどで建造物に使われてきました。

 

似ているものに鋳造がありますが、
鋳造は型に溶かした金属を流し込み形にするため量産に向いています。

 

一方鍛鉄は、熱した鋼材をアンビルとハンマーを使い、叩いて形を作るため
同じものは一つとしてなく、オリジナルデザインに向いています。

 

コークス

 

 

鍛鉄(ロートアイアン)の技法


鍛鉄工芸(ロートアイアン)は、

打ち目を付ける、束ねる、巻く、ねじる、潰す、のばす、穴を裂く等、

様々な技法があり、鉄ならではの重厚感ある表情を引き出すことができます。

 

ii-1

 

 

ロートアイアンの技術

 

ロートアイアンの技術

※パーツ売りはしておりませんので、ご了承お願い申し上げます。

 

鍛鉄(ロートアイアン)の仕上げ加工

【蜜蝋仕上げ】
IMG_7611s鉄本来の質感が楽しめる仕上げですが、
屋外や頻繁に触る場所には適しません。
【黒艶消し仕上げ】
shiage2室内のものは磨いた後に黒艶消し
塗装、古美仕上げ(金or銀)を
します。
【屋外黒艶消し仕上げ】
shiage3屋外のものは、錆びないようにメッキ
をかけた後、バリ取り、定着剤を
塗った後に黒艶消し塗装、古美
仕上げ(金or銀)をします。